ヘッドライン(RSS)

ビジネス数学は「実数と%」の2つで十分だと判明

皆さんが大嫌いな「計算」の話です。私が担当する企業研修やセミナーにおいても、計算が出てくると途端に皆さんがストレスフルな表情をするものですが、どうやったら計算嫌いを克服できるでしょうか。最大のポイントは「%」の計算をどう攻略するかです。

ビジネスで使う数字は大きく分けると2種類しかありません。「実数」と「割合」です。

実数は文字通りリアルな数字。たとえば売上高100万円、社員数70人といったものです。一方で割合は前年比90%、男性従業員が60%といったものです。

私たちは実数を使って実数をつくる計算は比較的簡単にできるはずです。たとえば男性従業員30人、女性従業員40人なら、全従業員は足し算して70人。誰でもストレスなくできます。ところが「%」が出てくると計算が一気に面倒くさくなる。たとえば消費税8%の計算、面倒くさく感じませんか。

さて、この連載をお読みいただいた方なら、「マイ電卓」を持っているはずですので、正確な「%」の計算をすべき局面なら、迷わず電卓を取り出しましょう。

しかし、もし正確な数字でなくても問題ない場合、わざわざ電卓を取り出さなくても「だいたいこのくらい」が頭の中でつかめたら完璧です。

「1200円の64%はだいたいどのくらいか」といった割合を使った計算をするとき、頭の中で素早く計算をしてしまうコツがあります。実は、その割合を「◯人のうち△人」と置き換えてみると、ほとんどの「%」がだいたいどのくらいかをつかめるのです。

たとえば、10%というのは100人のうち10人、つまり10人のうち1人という意味の数字です。25%なら4人のうち1人ですね。

さて、「3人のうち1人」だと、およそ33%です。ということは「3人のうち2人」はおよそ66%。ですから先ほどの「1200円の64%はだいたいどのくらいか」は、1200円を3で割り算して(400円)その答えを2倍すれば、だいたい近い数字がつかめます(800円)。

実際、電卓で正確に計算してみると768円で、誤差はわずか32円。ざっくり数字がわかればOKな局面ではこれで十分でしょう。

「%」の計算はわずらわしいものです。ならば「◯人のうち△人」という考え方に変換してしまい、シンプルな割り算や掛け算だけでざっくり計算できるようにしておくとよいでしょう。時間があるときに、右表を使って頭の中でざっくり計算し、その後にマイ電卓で正確な数字を確認してみてください。少しエクササイズするだけで、「%」の計算が体に(脳に)馴染んでくるはずです。
http://president.jp/articles/-/23205

11: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 17:28:53.86 ID:3Wu1n46H
>>1
データ解析しないの?
コンビニの店員レベルの話?

2: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 17:16:35.27 ID:5nxu/Uzi
そんなことはないと思うけどぱっとは思いつかないわ

4: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 17:22:02.45 ID:o4kDp9da
あほらし、ビジネス数学は統計学だから、ベクトルがわかってないと使えない。

155: 名無し@webensoku 2017/10/05(木) 13:55:38.67 ID:qUuMwEPQ
>>4
行列とかテンソルや偏微分は経済学としては重要だけど、ビジネスで必要かな?

5: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 17:23:15.64 ID:mU8kvobx
ずいぶんと低レベルだな

6: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 17:24:39.93 ID:um6l+PC7
微積なんか 社会に出て使ったこと無い

43: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 18:31:35.89 ID:lLRb5JOC
>>6
積分は利息の計算で使う。

8: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 17:27:17.78 ID:vt3DcLV4
確率論や統計、特にベイズ統計は有効だな。

とにかく数学を利用する者が勝者になる。

9: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 17:28:05.85 ID:ZgFivM1H
ベクトル、行列、確率は意外と出てくる

171: 名無し@webensoku 2017/10/05(木) 19:35:42.14 ID:mBgeXckH
>>9
>ベクトル、行列、確率は意外と出てくる

上に行くほど出てこないんだなこれが。
出てくるのは下っ端かIT土方だけ。

10: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 17:28:25.21 ID:QNvaOLEg
これ算数じゃないか

12: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 17:28:58.59 ID:ZgFivM1H
統計もか偏差を出せ言われるしな
数列もあるな
結構使ってんじゃん

13: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 17:29:41.22 ID:ZgFivM1H
因数分解いらんと思う

41: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 18:14:36.51 ID:WE8WIt3J
>>13
因数分解は文系の仕事であっても一番重要だと思うんだけどな
何かしら予算や目標ある中で
そこからどう達成するのかって
逆算して組み立てるのって
因数分解してないと間違いなく
身につかない気が

14: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 17:29:46.98 ID:DvUrRSeY
利息の複利計算は?

15: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 17:32:00.90 ID:q9a2Df/b
今だと重回帰分析ぐらいはビジネスでも要求されるぞ。

16: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 17:32:22.53 ID:KA4GwKEV
結局は、数字の意味を理解できるかってことだけどね。

18: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 17:33:16.63 ID:luL1CIdO
実数の定義が違っているようだが、
小学生レベルの話か?

23: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 17:36:56.79 ID:0coxAiQH
実数ってそういう意味じゃねーだろ・・・・・・
書いた奴がいかに数学が出来ないかよくわかる文章

26: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 17:39:50.19 ID:DvUrRSeY
サマータイム
夏時間の切り替えで時間が戻るときに駐車場を30分利用すると料金を取られず逆にお金がもらえる。

29: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 17:45:34.21 ID:nlCq6Dvx
どんな難しい計算もみんな四則計算に置き換えられるんだけどな

31: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 17:49:33.05 ID:Z11zdz7B
>>「1200円の64%はだいたいどのくらいか」といった割合を使った計算をするとき、
>>頭の中で素早く計算をしてしまうコツがあります。実は、その割合を「◯人のうち△人」と置き換えてみると、
>>ほとんどの「%」がだいたいどのくらいかをつかめるのです。

わかりにくいだろw

64%は50%(600円)+10%(120円)で大体720円くらいのほうが早いだろ

39: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 17:59:19.39 ID:qEKvcC9g
>>31
あんたのほうが説明上手

32: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 17:49:57.53 ID:w+hqEYSn
その実数と%が
行列で言えば、エルミート行列とユニタリー行列なわけで
複素数の範囲で物事を考えると
実数が、理路整然を見えてくるんだけどね

40: 名無し@webensoku 2017/10/04(水) 18:01:08.87 ID:KxtaOtDS
東芝には虚数が必要

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする